レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2018-6-17

赤ちゃんはしょっちゅう夜泣きをするので、
新米ママは育児にフラフラになってしまうものである。

確かに育児でママは疲労困憊しているが、
だからといって赤ちゃんに対して
何もしないことが許される訳がない。

赤ちゃんは生活リズムが解っていないので、
ママが14時間は活動させ、
日が暮れれば休息するということを教え込んでいかないと、
生活リズムが解らないまま育ってしまう。

14時間に赤ちゃんを動かしておけば、
赤ちゃんは日が暮れる頃には疲れ切っているので、
よるは熟睡するものである。

途中、母乳が必要となるのでよる泣きをしても、
授乳させ、排便すれば、また熟睡してしまう。

もしも14時間の体操量が少なければ、
赤ちゃんは夜更けに起き出して、動き回る。
夜更けに動くことで14時間の体操不足を解消しているのだ。

赤ちゃんにそんなことをされれば、
ママの方は就寝時間が遅くなるから、
翌日は午前中寝坊してしまい、
赤ちゃんもそれにつられて午前中寝坊して、
結局、日中の体操量が少なくなり、
また夜更けに起き出して来て動き回る…のを繰り返してしまう。

赤ちゃんを健康に育てたいなら、
とにかく早寝早起きを心掛けることが大切!

わたくしたち人間は早寝をするからこそ肉体の疲労が取れ、
肉体の傷んだ箇所を修復できるのであって、
よる更かしをしていれば、それができなくなって、
いつも疲れ切った体になってしまうのである。

ママが早寝早起きをしていれば、
育児をしていても元気一杯なので、
それだけ赤ちゃんとじゃれあう機会を多く持つことができる。

ママが元気なら、
赤ちゃんもそれにつられて
元気になっていくものなのである。
レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
どの程度視力が回復するのでしょうか
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)必ず納得するレーシック倶楽部