レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2018-8-06

若い人だけでなく高齢者も、
手軽に取り組みやすい有酸素トレーニング。

有酸素トレーニングはダイエットに効果があると言われていますが、
心臓や肺などの循環器の機能維持や強化には効果があっても、
筋肉をつけたり、筋力低下の予防に対してはあまり効果がありません。

筋肉や筋力に対して効果があるのは、
「レジスタンストレーニング」と言われるトレーニングです。

レジスタンストレーニングと言われると何のことかわかりませんが、
簡単に言うとダンベルトレーニングやストレッチ、腹筋、腕立て伏せなど、
筋肉に負荷をかけるトレーニングのことです。

これらのトレーニングは、
有酸素トレーニングのように酸素を取り込みながら
時間をかけて行うのではなく、
酸素を使わずに、一時的にエネルギーを作り出して身体を動かすので、
無酸素トレーニングとも言われます。

レジスタンストレーニングの主な目的は、
筋肉をつけて基礎代謝量を上げることにあります。

身体を支える骨や筋肉は、
10代でピークを迎えた後は少しずつ衰えていくものです。

衰えや老化は誰にでも平等に訪れるものですが、
努力すればそのスピードを遅らせることは十分に可能です。
そして、そのために必要なのがレジスタンス運動なんです。

レジスタンストレーニングは、
筋肉を刺激したり増やすためのトレーニングです。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、
筋肉を増やせば燃焼する脂肪の量も増やすことができます。
もちろん、筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、
有酸素トレーニングをした時の消費エネルギー量も上がります。

このような効果により、
レジスタンストレーニングをした高齢者の方が
有酸素トレーニングを行った場合は、
より安全により高い効果を得ることができるのです。


レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
どの程度視力が回復するのでしょうか
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)必ず納得するレーシック倶楽部