レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2018-3-22

置き換え減量には、
向いている人と向いていない人がいるようです。

例えば、
1回のご飯量や間食が多いために
摂取エネルギーがオーバーしている人は、
置き換え減量をすると効果が出やすいでしょう。

食生活が乱れている人も、
置き換え減量をきっかけに
食生活を改善することができると思います。

また、
置き換え減量では
一食抜くような無理をする必要がないため、
「夕方食抜き減量」など
強引にカロリー制限をする減量が
長続きしない人に最適と言えます。

置き換え減量は、健康的な減量ですので、
リバウンドしやすい無理な減量を望まない人や、
急激な減量を望まない人にもピッタリです。

一方、減量を始める段階で既に痩せているのに、
更に痩せようとしている人にはあまり向いていません。

置き換え減量は
少しずつ体重を落としていく方法ですので、
既にそれ以上痩せる必要のない人にとっては
思ったほどの効果が期待できないでしょう。

また、今まで色々な減量に失敗した結果、
基礎代謝が低下して
太りやすい体質になっている人にも向いていません。

置き換え用の減量食品によっては
上手くいくかもしれませんが、
その商品の選択を誤ると
さらに基礎代謝の低下を招いてしまう危険性があるからです。

基礎代謝が低下すると
ますますリバウンドしやすくなる可能性があるので、
この場合も
なるべく置き換え減量は避けた方がよいでしょう。




レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
どの程度視力が回復するのでしょうか
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)必ず納得するレーシック倶楽部