レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2014-12-31


減量を行っているときに、
最も注意すべきなのは、リバウンド。

リバウンドというのは、
減量による食べる事制限や適度な体操をやめてしまった瞬間、
体重が再び増え続け、
最終的には減量をする前の段階よりも
体重が増えてしまうこと…

このリバウンドが起きる原因として、
レプチンという物質が関係しているのではないかと言われています。

レプチンというのは、
わしたちが食べる事で脂肪を吸収した時に分泌されるんですって。

実はレプチンというのは、
どのくらい肉体の中に脂肪が吸収されたかによって、
分泌される量が違ってくるといいます。

脂肪の量と分泌されるレプチンの量とは、
比例関係にあるんですね。

レプチンが分泌されてくると、
肉体は満腹感を感じるようになってきます。

そして最終的に、お腹が満足したと感じるポイントがあります。
このときのレプチンの量のことを「セットポイント」と呼ぶそうです。

減量中は、
脂肪が多く含まれている食べる事をしないように心がけますよね。

すると、
分泌されるレプチンの量も少なくなってしまいます。

なので、どうしても食べる事によって、
満足感を得ることができなくなってしまいます。

この時期を我慢することができなくなってしまうと、
減量に挫折をしてしまうというわけです。

減量に我慢はつきもの…

今まで自由に食べていた食べる事を減らすことは
場合によってはストレスに感じることもあるかもしれません。

しかし、減量を成功させるためには、
ある程度の我慢はどうしても必要になってくるのです。

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
どの程度視力が回復するのでしょうか
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)必ず納得するレーシック倶楽部