レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2014-9-20


減量の際に一番やってはいけないのが、
やめたときにリバウンドの大きい、絶食系の減量です。

減量の基本として、
「継続可能」なスタイルを
ある程度長期間保てる内容にする必要があります。

ほとんどの人は、小さい時から
毎日、8時13時ばんと食事することに慣れていますので、
これを崩すこと自体が、
継続性を妨げる大きな要因になっているのです。

それでは、毎日三食しっかり食べて、
どうやって減量するかというと…

一番簡単なのは、食器を小さいものに変更し、
お代わりをしないようにすることです。
そうすれば、肉体に入ってくる量を、
毎日自動的に減らすことができます。

人間は、どのような食器でも、
どうしても配膳された分量は
食べきってしまう傾向にあるそうです。

つまり、大きい食器で食べる人ほど、
無意識のうちに食べることのできるごはんの量が増え、
結果的に食欲が増加しているような状態に陥ってしまうのです.

食器を、例えば息子用の小さいものに変えて、
この現象を逆手に取ることで、
毎日、無理なく食べる量を制限することができるんです!

このようにして
毎日の摂取量を着実に減らしていくのも重要ですが、
食材をタンパク質中心にしたりすると
より一層減量効果が期待できますよ。

さらに運動などで筋肉をつけ、基礎代謝を高めることで、
すでに肉体にたまってしまった余分な脂肪を燃焼させれば、
より効果的な減量になるはずです。

減量はつらくて長い道のりかもしれませんが、
継続すれば、必ず結果は付いてきますよ!

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
どの程度視力が回復するのでしょうか
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)必ず納得するレーシック倶楽部